beryの日記

アラカンおやじの雑記ブログ『beryの日記』宜しくお願いします(^_^)v

右利きだけど左手で歯磨きしてます('ω')ノ

ãå©ãèã®å対ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

f:id:naonaonanoni:20181030212443j:plain

こんばんは、beryです。

  結構前になりますがTVで郷ひろみさんが、アスリートの方達の中には、利き腕・利き足でないほうの腕や足を使って練習して左右のバランス感覚を高めているみたいな話をしながら左手で歯磨き(郷さんは右利きです)しているのを見て自分もやってみようと思いました。

 私も右利きなので左手で歯磨きを初めて1年以上になりました。。

 始めた頃は今迄の癖でつい右手で歯ブラシを掴んでしまったり、左手で歯ブラシを動かすと右手が勝手に小刻みに動いたりして非常に難しい事をしているなと思いましたが、今では何の迷いもなく普通に左手で歯磨きできてます。

 

では利き手とは逆の手を使う事で得られる効果はどんな事でしょうか。 

・脳の活性化

左右の脳をバランスよく使う事で、脳全体が活性化され、記憶力の向上や脳の老化防止効果があると言われています。  

・自律神経を整える

不自由な利き手とは逆の手を意識して使うことにより、中枢神経が刺激され、自律神経を整える効果があります。 

・自制心向上

利き手とは逆の手を意識して使うとこで、脳内の自制心を司る部位が刺激を受け、イライラを沈めたり、忍耐力を高める事が確認されています 。

・肩こり、腰痛、冷え性改善 

常に利き手ばかりを使っていると左右のバランスが崩れて骨格に歪みが出たり、使わない方の筋肉は衰えてしまいがち。

骨格の歪みを抑えることで肩こりや腰痛の改善や予防、筋肉が刺激を受けて血流が良くなることで冷え性の改善や予防効果が得られます。 

・オマケ

利き腕とは逆の手で食事をすると早食い防止になり、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎ予防が出来るため、ダイエットができる……かも。

ただし食事中のストレスは消化器系統に大きな負担となりますので、ほどほどにして下さい。

私的には少しはバランス感覚が良くなった気になってます。

そう言えば!と思ったので書きました。

あなたも是非やってみてください、

それからキミエホワイトプラスの効果かな?毎日身体の調子が良いのです!